サイトの検索順位を上げようWEBマーケティング

サイトの検索順位を上げようWEBマーケティング

SEO対策を重点的に考えるサイトは不自然なものになってしまいがちかと思いますが、

 

googleはなんとかして不自然なサイトを上位には置きたくないんだなあとは思います。

 

 

 

 

 

まあ、自分のサイトを上位にしたいがために被リンクをかせいだりするのは、

 

SEO対策をしたいものにとっては当然の努力かもしれません。

 

一方、逆にgoogle検索を使ってサイトを訪れようとする人には、

 

できるだけ内容がないサイトにはたどりつきたくないですし。

 

 

 

とはいえ、googleの検索結果だけでは、内容がつまっているかどうかの判別は難しく、

 

上位のサイトをとりあえず見ていくしかないですからね。

 

売り上げを伸ばすwebマーケティング

1集客
2コンバージョン
3クロージング

 

どれが抜けてしまってもだめです。
この三つと徐々に改善していくことで利益を上げましょう。

 

seo対策については被リンクサービスなどがよろしいでしょう。
被リンクサービスで増やす

文章力はそれ自体とても強力な武器です。
昔の人の格言に「ペンは剣よりも強し。」とあります。

 

暴力によって人を支配するよりも、言葉によって人を突き動かすことのほうが
はるかに強い影響力をもち大きなうねりを生むことができる、
ということをこの言葉を仰った人は理解していたのでしょう。

 

 

そしてこの原則は今でも当然有効であり、文章のうまさによって、
サイトからの商材の売り上げは大きく変わってきます。

 

そこで売り上げを伸ばすためには人々の心、感情を動かすテクニックを学ぶ必要があります。
文章のテクニックは様々なものがありますが、特に効果大きく、ぜひ最初に身に着けておきたいものが
タイトルのつけ方です。

 

サイトや記事のタイトルのつけ方によって、記事がクリックされるかどうか、
読者の反応は如実に変わってきます。

 

 

 

反応の大きいタイトルのつけかたは、おおまかに分類して三つあります。

 

 

一つ目はですがこれは「得」を強調する方法です。
この方法一番安定して効果を見こめる、基本中の基本の方法になります。。
これはようするに相手に利益を与える文言をタイトルに盛り込み、
興味をひきクリックをさせるということです。 

 

次はニュース性を盛り込んだものです。時事や、ニュース性が高いタイトルも読者の興味を惹きやすい。
例にあげますと、『2013年に、流行間違いなしの確実のビジネス』
『2月1日にgoogleが新商品をリリースします!』のようなものです。
最新の情報というものに人々は飢えています。

 

好奇心を刺激する。この方法は当たり外れは前者の2つと比べて大きいのですが、
好奇心あおるタイトルは時に大きな結果出すこともしばしばあります。

 

あまりいいたとえではないのが申し訳ないですが、『風俗に行ったら人生が変わった』など。

続きを読む≫ 2013/03/11 16:05:11

"インターネットができたばかりのころには存在すらしなかった『SEO対策』という言葉も、ここ最近広く知られるようになってきました。

 

なにしろインターネットでの広告費はテレビなどと比べて遙かに安く、なにより効率的ですからね。

 

『どこの広告を見て来たのか』が一目でわかるのですから、強力です。

 

 

 

昔、YAHOO!が検索サイトシェア一位だったころは、まだSEO対策の概念が希薄でした。

 

火をつけたのは、言うまでもなくGOOGLE。

 

というより、SEO対策=GOOGLE対策であると言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

これまで数多の企業や個人が、いかにして自分のウェブページをGOOGLEの検索上位に持ってくるか、熾烈な争いを繰り広げてきました。

 

その最大の敵は同業他社ではなく、GOOGLEそのものです。

 

 

 

基本的に、利潤を追求する組織は手段を問いません。

 

いかにしてGOOGLEを出し抜き検索上位にするか、それだけが課題です。

 

おかげでGOOGLEはそんな者たちを排除するため莫大な労力を注ぎこまなければならないことになりました。

 

そんなGOOGLEに対して企業側も対抗を……という具合に、日々進化しつづけるイタチごっこが続いているわけです。

続きを読む≫ 2013/03/11 15:42:11

ホームページを検索の上位に表示させるためには被リンクやSEO対策が重要です。

 

グーグルのアルゴリズムは複雑で、ペンギンアップデートやパンダアップデートと、

 

常にアルゴリズムが変動する可能性を秘めています。
リンクポピュラリティなどしっかりと押さえておきたい専門用語あります。
これはリンクから、その際とを評価するといったもので、
何が大切かは、それぞれ自分で考えてください。

 

はっきり言って、被リンクはつけすぎるのは良くないです。
それで、いっぺんに似たドメインから同一のアンカーテキストで被リンクがつくのは、
おそらく評価が下がるでしょう。もしかしたらペナルティを受けるかもしれませんね。

 

できれば、時間をかけて リンクをしたいものです。

 

 

 

 

 

グーグルのアルゴリズムは常にアップデートされています。

 

しかし、被リンクやSEO対策はまだ有効であり、

 

ホームページを検索の上位に表示させるには必須です。

 

 

 

 

 

 

 

グーグルのアルゴリズムの変更により突然ホームページの検索結果の順位が、

 

変動してしまうような事を防ぐために常に質の良い記事を書き続ける。

 

といった事が重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

被リンクやSEO対策は過剰にやり過ぎると逆効果になってしまうので、

 

記事に自信があるのなら、やりすぎないようにしましょう。

 

きちんとしたホームページを作り有用な記事を書くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

検索の上位にブログを表示させるには被リンクやSEO対策をするのが一番です。

 

ですが、グーグルのアルゴリズムのアップデートなどがあっても、

 

対応できるように普段からきちんとした記事を書いておけばその影響を受けません。

続きを読む≫ 2013/03/11 15:39:11

webマーケティング重要なキーワードは大きく三つに分けられる。
これはコンバージョンにすぐに直結するようなサイトのキーワードを
消費者の観点から分析したものである。

 

ここで重要なのは、自分がどういう販売戦略を持っているかということである。
その戦略がなければ、あなたは具体的なプランを立てることはできないのだ。
戦略なきwebマーケティングはすなわち死を意味する。

 

そこで気ワード三つを見ていく。

 


いますぐキーワード:
その商品を購入するという明確な意思を持って検索されるキーワード。
おなやみキーワード:
何らかの商品を購入する意思はあるが、どの商品かまでは決まっておらず迷っている場合に検索されるキーワード。
まだまだキーワード:
将来的に商品を購入する可能性はあるが、現時点では、まだ商品に対する明確なニーズは感じていない場合に検索されるキーワード。

 

SEOだけで100万PVを集めるECサイトを作るために必須のWEB集客の基礎

 

 

 

キーワードってすごく重要ですよ、というのは普通多くのは
検索数の多いキーワードで上位に検索表示されればそれで良いんだろう?
と安易な考に陥ってしまっているてしまっている。

 

これはよくないし、そして、自分の希み通りのキーワードで検索エンジンで上位表示がめでたくされる、
しかし思っていたよりも売上に直結するような成果は予想よりも低く、というより出てこない事実におののく。

 

金はかけた。それも莫大にだ。それななのになぜSEO対策をしたキーワードから、
売り上げが上がらないのか?私は首をひねった。狐につままれた気分である。

 

どうやウェブの世界は現代の魔界であるようだ。

 

 

しかしなぜ成果が生まれないのだろうか?
その理由は簡単である。とても・非常に・簡単なことで、
そのキーワードはコンバージョンが生まれないよ。って事。これがわかってないと迷宮に迷ってしまう。

 

 

はじめから「コンバージョンに至らないキーワード」でSEO対策をしてたら、そりゃしょうがない。

 

で、冒頭の三つのキーワードに戻る。あれこそがすべてである。コンバージョンが生まれるキーワード。

 

 

キーワードの3つの分類で、
購入意思がとびきり強いと考えられる人が検索するのが「いますぐキーワード」
これを押さえておくと売り上げは伸びる。

続きを読む≫ 2013/03/11 15:08:11

インターネットは現在ほとんどの人が使用している程人々の間で普及していま

 

す。そのため現在はインターネットを使用していろいろなことをすることが可

 

能です。そしてその一つにブログやホームページなどのサイトの作成があげら

 

れます。

 

そしてホームページを作成して初めて新しい人が訪れて、その人がこちらの販売している商品を
気に入ってくれるかどうか、そこが非常にwebマーケティングの腕の見せ所でもあり、
本当に地獄を見るような大変さの部分です。

 

 

せかく立ち上げた新しいサイトに、ありとあらゆる対策を施してみて、しかしアクセスは以外に思ったよりも集まるようになってはいるが、なぜかそこからの売上がちっともあがらない、というかECサイトへの集客の方法は実はお金を払っている、PPCで多額の費用を払って集めているという間抜けっぷりがあります。
ですので、実は売上の数字は伸びているんですが、収支は悲しいことに赤字になっている。。

 

なけますよね。
それでこれではいけないと今からSEOやキーワードリサーチの基礎を勉強したとしましょう。

 

それは付け焼刃かもしれませんが、その結果WEBコンテンツ作りの基本となる部分をしって、
自分のサイトの弱点を一つずつ改善するそして、その結果驚くほどパフォーマンスがあがり、
びっくりするわけです。俺すげぇと。

 

しかも今ままでは大金を払っていたPPC広告によってゲットしていたアクセスを、
なんと今度は無料のSEOのみで被リンクによって集めることが可能になる。

 

 

これは今までなら困っていたであろう問題も、コンバージョン率改善ですね、
簡単に改善することができるという夢のような話です。

 

 

 

 

そしてブログやホームページは普通のプライベートにおいても仕事での営業用

 

としても作成されます。そしてどちらの目的で作成をするにしてもブログやホ

 

ームページを人に見てもらわなければ作成した意味がありません。

 

 

 

 

 

そしてブログやホームページを人に見てもらうためには検索サイトで自分のサ

 

イトを検索されるようにする必要があります。そして自分のサイトを検索され

 

やすいようにするための対策の事をSEO対策と言います。

 

 

 

 

 

そしてSEO対策をするための方法はいろいろありますが、その中で他のサイト

 

から被リンクをもらうという方法があります。そして基本的に同じジャンルの

 

内容のサイトから多くの被リンクをもらうとよりSEO対策の効果が出ます。

続きを読む≫ 2013/03/11 14:43:11

私はとくべつにSEO対策に励んでいるわけではないのですが。

 

そもそもSEO対策が積極的にできるほど、パソコンの知識も持ち合わせていないことが事実ですが。
しかし、それでは売れないのがwebマーケティングの難しいところです。

 

はっきりいって銅線を無視したものは、お客さんの心に響かず、
興味を引くことはあっても、その商品を最終的に購入してくれるかというと
そうとは限らないのがwebマーケティングが素人じゃできないゆえんです。

 

正直に言ってseoツールなどで分析したところで、タイトルタグ、h1タグ、
など、内部要素をほんの少し直すだけで終わってしまいますから、
それよりも口コミ、バイラルを起こすことのできる、たとえば津言ったーやfacebookなどの
sns、ソーシャルメディアでの露出を増やすことは非常にコンバージョンをあげるのには重要です。

 

作りこむと変だけど、作りこみすぎるとナチュラル?

 

でもサイトは作りこまないと不自然で、ナチュラルに作るのは難しいです。

 

素人なりにSEO対策の流れを、というかgoogleの対応を見ていると、

 

ナチュラルに人気があって、ナチュラルに内容が充実しているサイトを

 

検索上位にしようとしている傾向があるように思えます。

 

 

 

 

 

 

 

SEO対策を重点的に考えるサイトは不自然なものになってしまいがちかと思いますが、

 

googleはなんとかして不自然なサイトを上位には置きたくないんだなあとは思います。

 

 

 

 

 

まあ、自分のサイトを上位にしたいがために被リンクをかせいだりするのは、

 

SEO対策をしたいものにとっては当然の努力かもしれません。

 

一方、逆にgoogle検索を使ってサイトを訪れようとする人には、

 

できるだけ内容がないサイトにはたどりつきたくないですし。

 

 

 

とはいえ、googleの検索結果だけでは、内容がつまっているかどうかの判別は難しく、

 

上位のサイトをとりあえず見ていくしかないですからね。

 

 

 

""私はとくべつにSEO対策に励んでいるわけではないのですが。

 

そもそもSEO対策が積極的にできるほど、パソコンの知識も持ち合わせていないことが事実ですが。

 

 

 

 

 

 

 

素人なりにSEO対策の流れを、というかgoogleの対応を見ていると、

 

ナチュラルに人気があって、ナチュラルに内容が充実しているサイトを

 

検索上位にしようとしている傾向があるように思えます。

続きを読む≫ 2013/03/11 14:31:11